‘2010/12’ カテゴリーのアーカイブ

登記事項証明書等の手数料引下げ

2010/12/28

既に各所で紹介されていますが、平成23年1月1日から、登記情報提供サービスの利用料金が値下げされます(cf.登記情報提供サービスの利用料金の改定について)。

全部事項(不動産登記、商業・法人登記) 465円→457円
所有者事項(不動産所有者名と住所のみの情報提供) 155円→147円
地図、図面等の情報の提供 455円→447円
動産譲渡登記事項 概要ファイル情報 425円→417円
債権譲渡登記事項 概要ファイル情報 425円→417円

いつもながら思うのですが、この中途半端な数字はなんとかならないものか(笑)

平成23年4月1日からは上記の手数料がさらに値下げされるとともに、法務局発行の登記事項証明書等の手数料も値下げされます(cf.平成23年度予算政府案における登記手数料の引下げについて)。

登記事項証明書(窓口) 1,000円→700円
登記事項証明書(オンライン請求・送付) 700円→570円
登記事項証明書(オンライン請求・窓口交付) 700円→550円(新設)
印鑑証明書(窓口) 500円→変更無し
印鑑証明書(オンライン請求・送付) 500円→460円
印鑑証明書(オンライン請求・窓口交付) 500円→440円(新設)
登記情報提供サービス(全部事項) 457円→397円
登記情報提供サービス(地図等) 447円→427円

なお、平成23年4月から窓口で登記事項証明書等を取得する際は、従来の登記印紙ではなく収入印紙で納付することになります(購入済みの登記印紙は引き続き使用可能。cf.平成23年4月1日からの登記印紙の取扱いについて)。

2011/2/15日追記
法務局から新しいリリースが出たことに伴い若干修正しました(赤字部分)。

2011/3/3追記
平成23年4月1日からは、謄抄本の枚数による加算額も値下げされます。
(現状)証明書が10枚を超えると10枚ごとに200円加算
(改定後)50枚まで基本料金で取得でき、超える枚数50枚までごとに100円(要約書は50円)加算

Search